犬・猫の歯周病予防、健康な暮らしに欠かせないマウスケア。

犬・猫の歯周病予防イメージ画像

ワンちゃん、ネコちゃんに多い歯周病

3歳を超えるワンちゃん猫ちゃんの
80%が歯周病に罹っていると言われています。
口が臭い!
よだれがひどい!
・・・それって、歯周病かもしれません。

2~3日で歯石に!

歯周病の原因

ワンちゃん、ネコちゃんは人と違いかなり短期間で歯石が作られます。
なんと2~3日です。

歯石は歯垢が石灰化したもので、歯と歯茎の間に着いてしまい、そこに細菌が繁殖します。放置しておくと歯肉に炎症が起こります。

進行すると歯が抜け落ちたり、顎の骨が溶け折れやすくなります。また歯肉は血管と繋がっているので歯周病菌が全身に回り腎臓や心臓の病気を引き起こすきっかけになってしまうこともあります。

歯周病のチェックポイント

  • 口臭がきつい
  • よだれが多くなった
  • ごはんが食べにくそう
  • 口を触られるのを嫌う
  • 歯がぐらつく
  • 歯が抜けた

・・・など。

マウスケアで予防が重要

歯周病は、シニア犬になり他の病気に罹った時
薬の効きが悪くなるといったデータもあるので歯周病予防が欠かせません。

予防方法
  • 週に1~2回は歯磨きを

サラシ、ガーゼ、タオルを指に巻き歯の外側を擦る。コミュニケーションを取りながら楽しく行いましょう。嫌がらなければ歯ブラシを使ても良いです。仕上げに霧吹きなどでゆすぐと効果的です。

  • ケア用品など上手に使う

飲み水に混ぜて飲ませるだけのケア用品もあるので上手に選んで使用するのも良いと思います。当院でも取り扱いがあるのでご相談下さい。

歯石が着いた、歯周病になった場合

カンシやスケラーなどで歯石を割り、歯石除去を行います。グラグラになってしまった歯も一緒に抜き細菌の繁殖を防ぎます。

麻酔をかけて施術するので…
出来る限りケアで歯石が着かない様にすること
歯周病にならないことをおすすめします。

三浦半島、横須賀市の動物病院 ノアどうぶつ病院

Follow me!

画像をアップロード

ドッグバンパー

院長アドバイスにより完成した目が見えない犬の為のグッズです。目が見えなくなると行動範囲が狭まり最悪寝たきりになってしまいます。そうなる前に使ってあげて下さい。詳しくは、ドッグバンパーサイトを参照下さい。
只今、10%OFFキャンペーン実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)