犬のオムツかぶれ!トイレ対策する場合の注意について。

マナーパッドイメージ画像

ワンちゃんの皮膚かぶれ

オムツやマナーパッドを

  • 老犬になり排泄の失敗が増えた
  • 元保護犬でトイレのトレーニング中

などの理由で使っている子に多いトラブルがに皮膚かぶれです。
当院でもよくワンちゃんのお父さん、お母さんからご相談いただきます。

当記事では、トイレ対策する場合の注意についての話です。

皮膚かぶれとは

オムツやマナーパッドが直接皮膚にふれている部分が真っ赤になったり、ぽつぽつ出来る湿疹、ただれが起こること。

皮膚かぶれになると、お腹を掻きむしって痒がります。

かぶれの原因

お腹の皮膚に付着しているオシッコの成分によるかぶれ … また、オシッコをした後のオムツやマナーパッドの中は、湿度があがり、ムレやすくなります。ムレによってワンちゃんの肌がふやけ、オシッコの成分による刺激を受けやすくなったり、真菌(カビ菌)の繁殖にもつながります。

かぶれの対策

1.オムツ、パッドをこまめに交換する

オシッコがついたオムツやマナーパッドを長時間着けていると、皮膚へのダメージを与えやすくなってしまいます。時々チェックをして濡れていたらこまめに交換することが肝心です。

2.清潔を保ちムレを防ぐ様にする

オムツやマナーパッドを交換する時、陰部やお腹を拭いてあげ清潔を保つ様にする。ローションや抗菌水を使うと良いでしょう。またムレを防ぐのにベビーパウダーを使うのもおすすめです。

安く抗菌水を作る方法は 安価で簡単、手作り除菌スプレーとベビーパウダーで膿皮症ケア! を参照して下さい。

※但し、ベビーパウダーは重ね塗り厳禁です!

以前、たっぷりつけた状態でオムツをつけっぱなしにしていたら固まってしまいかえって状態が悪くなった子がいました。こまめにオムツを取り換えるのが前提と考えて下さい。

3.オシッコが付着しない様にする

皮膚にオシッコが着きづらいように、ワセリンを塗ってあげましょう。ワセリンはオシッコをはじくので効果的です。

Follow me!

画像をアップロード

ドッグバンパー

院長アドバイスにより完成した目が見えない犬の為のグッズです。目が見えなくなると行動範囲が狭まり最悪寝たきりになってしまいます。そうなる前に使ってあげて下さい。詳しくは、ドッグバンパーサイトを参照下さい。
只今、10%OFFキャンペーン実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)